カ・パー・フラ・オ・カウアノエ・オ・ヴァアヒラ 大阪

 我々のハーラウは、1991年、私の祖母であるメイ・ウラリア・ロング・ローベンスタインにより設立されました。私たち家族が67年暮らしてきたヴァアヒラは、優しい霧雨が降ることで知られ、ハーラウの名称は、その雨に敬意を表し名付けられました。
 ハーラウの基本理念はとてもシンプルなもので、フラとは単に週1回レッスンに行って踊るものではなく、ライフスタイル、つまり生き方そのものであるという考え方です。我々がハーラウで教え、生徒たちが学ぶ鍛錬、価値観や道徳といったことは、生徒たちが日々の暮らしに生かすことができるものなのです。
 我々は、すべての女性が心体共に美しい存在であり、自身がそう望めば、どんなことも成し遂げられると信じています。
 ハーラウではコンペティションに重きを置いておらず、フラを通しての人格形成や人としての成長、すべての物事に対して常にポジティブな考え方を維持できる人間になって欲しいと願っています。
 私の祖母が強く信じ、いつも口にしていた言葉があります。
「踊りとは、あなたの魂の表れ、心の内そのものなのですよ!」
 さぁ、我々もそう信じて踊りましょう!
 
 

メリア・ローベンスタイン・カーター


 オアフ島にあるハーラウ、カ・パー・フラ・オ・カウアノエ・オ・ヴァアヒラ主宰。
 1993年度ハワイ最大のフラの大会メリーモナーク・フェスティバルで最も栄誉ある「ミス・アロハ・フラ」を受賞。
 1997年、祖母よりハーラウを継承。
 2007年のメリーモナークにて、教え子のケオニレイ.K.フェアバンクスが「ミス・アロハ・フラ」を受賞。
 クム率いるカ・パー・フラ・オ・カウアノエ・オ・ヴァアヒラはメリーモナーク・フェスティバルに出場し数々の賞を受賞。
 ハワイや日本のフラ大会の審査員として大活躍し、若きフラの継承者として今ハワイで最も期待されています。

 カ・パー・フラ・オ・カウアノエ・オ・ヴァアヒラ 大阪

榎本 純子(Kalei'ohu)


 ハワイのクムフラ、メリア・ローベンスタイン・カーターより直接指導を受けています。
 ハワイの伝統的な文化を教えていただいていることに感謝し、ハワイの本物フラを伝えていきたいと持っています。美しい正統派フラを大阪で学ぶことができます。